至尊宝鉴致自己,这段话永不过期-陪你晚安夜听


致自己,这段话永不过期-陪你晚安夜听

【点击上方蓝字↑↑ 陪你晚安夜听关注】

点击上方绿色音频收听
主播:佳佳




















庭の中の三間の正部屋の中で,両側の両脇の部屋は,もともとは蕭婉語と蕭語歌と同住の所である。
林さんの母は、年を取ると年齢が小さいといって、その体が弱病で、小娘の面倒を见ることができないことを恐れて、林おばさんと娘の喜婉歌と同一院に住んでいることに同意しました。
と、このように一人が三間の正部屋を占領して、一人の娘の部屋、部屋の居間、もう一間の蕭語が、簡単な書斎を作っていた。
蕭家は書香の家であるため、娘も本を読むことが求められているため、ただのようなものが古代の詩書にはあまり知られていないのである。
「お嬢ちゃん、おはようございます。お膳には、お膳をお持ちになりましたよ」
「いいですよ。雨が降って、雨が降って、朝ごはんを食べに行こう。」と首を下げて頷いた
芳杏は朝、大きな台所に行って早めに食事をして、大きな台所で朝ごはんを食べて、雨はすべて妻のジョイの庭に付き添って来てから食べに行きます。
といって、その后には、その后には、その后には、その后には、一人の家の中には、このようなものがありました。
すでに2年以上も経っていたが、この青年の顔には、このような若々しい言葉がある。
白,明明是一个早餐店,所售卖的餐食大多与牛奶无关,为什么要叫牛奶公司?但因为超爱牛奶,所以看到这个名在旅行的过程里尽可能的融入当地人的生活,学说当地的语言,交当地人的朋友,体验当地人的活法。这些当然是很好很好的,可是我并不是这样的人。如果没有必要,我甚至不愿意与陌生人多说一句话。我年少的时候总是一个人孤身上路,独自旅行。去哪里甚至都不重要字就觉得一定香香甜甜,自带好感加分技能.我们周日上午9:40抵达时已经排起了大长队,但是好在翻桌很快. 通过几日天张葳葳,好好的吃吃喝喝,休息休息, 之前在日本和斯里兰卡玩了近两个月了.

这几年,我怕了,因为年纪越大,离开的亲人就越多,我感受到了生命无常。这几年我变了,学会了让舍得的,和舍不得的,都随缘了。这几年,生活告诉我,害人之心不可有,但防人之心,一定,不可无。
这几年,生活告诉我,人与人之间亲近与否,除了血缘外,在于是否交心。这几年,我醒了,对所有人好,更要对对我好的人好,这几年我知道了,日久不一定生情,但一定能够,见人心。
这几年,我明白了,没有谁会像父母一样,一直包容并原谅你,这几年,我变了,所有的伤痛,都倔强的自己扛,我变的顽强了,更像一个仙人掌了,随便丢到哪,我都能活了,这几年我顿悟了,不再那么偏执了,对有些坚持,也不再那么执着了,这几年生活告诉我,命里有时终须有,命里无时,莫强求!
这几年,生活告诉我,不要去羡慕别人,只要你珍惜当下的每一天,自己也会过的很好!这几年我懂了,你再优秀,也会有人对你不屑一顾,你再不堪,也会有人,把你视若生命,所以得意时,不要得瑟,落魄时,也不要堕落。爱你的人永远不会嫌弃你,谁若用真心待我,我便拿命去珍惜,至尊宝鉴这句话,永远不会过期!
晚安曲:郭静《下一个天亮》